淡水日記26〜淡水の元祖「老街」に息づくレトロカフェ

こんにちは、のぶもんです。

 

久々に淡水の話を。

 

淡水に重建街という小さな通りがあります。ここに、老房子を活かしたレトロカフェがあるんです。カフェの名前は「九崁28」。

 

かつて、淡水で一番賑わったとされる重建街。その中でも今の老街である中正路に近い部分は、かつて九崁段と呼ばれており、お店の名前はそこから取ったのだそうです。


f:id:funstudy-taiwan:20200701140335j:image

 

この建物は長らく荒れた状態で放置されてきましたが、大幅な修復を行い、位までは1階が雑貨コーナー、2階がカフェとして蘇りました。

 

見てください、この雰囲気。いくら淡水が歴史の街と言っても、ここまでレトロな空間はなかなかありません。


f:id:funstudy-taiwan:20200701140428j:image

 

装飾やインテリアも凝っていて、雑然とディスプレイされているように見えて、落ち着いた雰囲気を作り出しています。


f:id:funstudy-taiwan:20200701140535j:image

 

クーラーがないので、窓は全部開けて、扇風機だけで過ごします。淡水は案外風が強く、日陰にいれば涼しく感じることも多いですよ。

 

台湾のお店はクーラーがききすぎて、冷たいドリンクを飲むのが少し怖いのですが、ここなら自然の風に当たって、気持ちよくアイスドリンクを楽しめます。


f:id:funstudy-taiwan:20200701140611j:image


階段がまた素晴らしい!古い階段フェチの僕としては、こういう老房子の階段を上がり降りするのが大好きなんです!


f:id:funstudy-taiwan:20200701140709j:image

 

さあ、飲み物をいただきましょう。アイスの美式咖啡。このタイプのレトロカフェで90元で頂けるのは、かなりリーズナブルです。

 

ちなみに、このお店はハーブティーなどの方が種類は多い様子。次は、お茶も試してみたいと思います。


f:id:funstudy-taiwan:20200701140808j:image

 

2階には小さなベランダがあり、直接日差しを受けなければ、風を感じて比較的快適に過ごせます。


f:id:funstudy-taiwan:20200701140641j:image

 

そして、家並みの間からは、淡水河と観音山が見えて、雰囲気は抜群!


f:id:funstudy-taiwan:20200701140901j:image

 

facebookのページを見ると、時々文化活動も開催しているようなので、機会があったら参加してみたいと思います。

 

今の淡水で老街と呼ばれるところは中正路。土日ともなると大混雑ですが、元祖老街の方はいつでもかなり静か。

 

街歩きファンにはたまらない雰囲気を持っていますので、お散歩もあわせてどうぞ。

 

【店舗情報】

「九崁28」

住所:淡水區重建街28號

営業時間:不明

(おそらく土日祝のみと思われる、時間は午後が基本)

★なので、開いていればラッキーくらいの気持ちでおでかけ下さいm(__)m