台湾の小さな街を歩く34〜新北市の果てにあるお茶の町・坪林

こんにちは、のぶもんです。 

 

今年になってから海外旅行もできず、国内でも長旅に出られないため、ちょこちょこ台北の近郊に出かけています。

 

今回の目的地は、お茶の産地・坪林。新北市に属していますが、台北中心部からはMRTとバスを乗り継いで1時間半以上かかります。

 

僕も今回訪れるのが、なんと3年5ヶ月ぶり2回目(甲子園の高校紹介みたいですが😅)。前回から変わったところは変わったところはあるでしょうか?


f:id:funstudy-taiwan:20201016180202j:image

(坪林名物・お茶アイスのトラック→この側面の広告は前回も同じ場所で見ました。坊やの写真もまったく変わらず)

 

坪林のバス停で新店からのバスを降りると、そこはもう自然豊かな山間の町。空気も爽やかで、山の緑が目に滲みます。


f:id:funstudy-taiwan:20201016181556j:image

 

まず訪れたのは、農會(農協)。と言っても、農會本体に用があるのではなく、建物の2階にある坪林茶産業文化館がお目当て。


f:id:funstudy-taiwan:20201016181632j:image

 

こちらでは、坪林での茶業に関する展示が見られるんです。


f:id:funstudy-taiwan:20201016182655j:image

 

そして、お茶に関する様々なお土産も売っています。お茶は廉価版から高級品まで様々ですが、お菓子などは手頃なものが多かったですよ。


f:id:funstudy-taiwan:20201016182733j:image

 

隣にいたおばさんに勧められ、僕もついつい買ってしまいました(^_^;)

 

買ったのはこちらの「お茶ヌガー」。100元ですが、これが案外クセになる味で良かったです。


f:id:funstudy-taiwan:20201016182756j:image

 

さて、老街歩きに行きましょう。坪林には短いながらも老街があり、土日は(他の有名老街ほどではありませんが)賑わいを見せます。

 

そこで最初に目に止まったのが、こちらのレトロな風情のお店。3年前にこんなお店、あったかな??


f:id:funstudy-taiwan:20201016182822j:image

 

このお店の名前は「坪感覚」。開店は2019年。前回訪れたときは、まだなかったんですね。

 

店内は・・・めっちゃ「映え」ます。これはもうおとぎの世界です。


f:id:funstudy-taiwan:20201016182856j:image

 

2階の客席も落ち着いた感じでゆっくりお茶を飲んだり、食事をしたりできそうです。


f:id:funstudy-taiwan:20201017161500j:image

 

窓際のカウンター席からは、老街の様子を眺めることができます。


f:id:funstudy-taiwan:20201017161530j:image

 

そしてついつい、デザートを頼んでしまいました。抹茶プリンみたいなデザートで、とろけるようなおいしさ。料理も和定食スタイルのものがあったりするようで、とてもおいしそう。次回はここで食事をしてもいいですね。


f:id:funstudy-taiwan:20201017161630j:image

 

古いだけではない、おしゃれな雰囲気も楽しめる意欲的なお店です。ローカルな小吃しかなかった坪林の新しい楽しみ方になりそうですね。

 

f:id:funstudy-taiwan:20201017161705j:image

 

【店舗情報】

「坪感覺」

住所:新北市坪林區坪林街12號

営業時間:11:00~17:00(土日は~19:00)

※月火定休

 

次に、橋を渡って向こう岸にある茶業博物館を訪れます。こちらは、先程のような農會併設の施設ではなく、新北市立の博物館です。


f:id:funstudy-taiwan:20201017161846j:image

 

坪林茶業博物館は当地の茶業だけでなく、自然や歴史などについての様々な展示も用意されています。


f:id:funstudy-taiwan:20201017161908j:image

 

鳥の剥製。坪林は、かなり山深い場所にあるので、多様な動物が生息しているようです。


f:id:funstudy-taiwan:20201017162647j:image

 

そして台湾らしく、興味を引くような趣向も。こちらでは、野生動物の鳴き声が聞こえます。意外な鳴き声をする動物もいて、新鮮な体験でした。


f:id:funstudy-taiwan:20201017162820j:image

 

もちろんお茶に関する展示も充実しています。


f:id:funstudy-taiwan:20201017162841j:image

 

これは、あらゆる種類のお茶を分類した表。それぞれのお茶の特色がひと目でわかるようになっています。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163020j:image

 

別館にも行ってみます。こちらも、茶業に関する道具といった定番の展示が見られます。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163133j:image

 

が、それ以外にも、お茶っ葉の匂いを嗅ぎ分ける体験コーナーなど、子供でも楽しくお茶について学べるように工夫されています。

 

丁寧に見ると1時間はかかるので、余裕を持ってお越しくださいね。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163154j:image

 

街もそろそろ夕方になってきました。坪林の街を流れるのは北勢溪。川を眺めていると、心がとても落ち着きます。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163300j:image

 

もう一度老街側に戻ります。ところどころに古い建物が残り、ノスタルジーを感じさせますね。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163346j:image

 

そして最後に訪れたのが、滴滴香茶行。こちらの老舗のお茶屋さんでは、当地のお茶・包種茶を使ったアイスを売っています。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163719j:image

 

店内では、ゆっくりお茶を吟味したり、アイスを頂くことができます。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163740j:image

 

50元のお茶アイスしか買っていないのに、温かいお茶も出していただきました。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163816j:image

 

そしてここでは、ついついお土産も買ってしまいました。お茶を使ったソフトヌガーのようなお菓子で、これがかなり美味!

 

お茶によく合いますが、コーヒーとの相性も良いと思います。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163836j:image

 

【店舗情報】

滴滴香茶行

住所:新北市坪林區坪林街34號

営業時間:9:00~21:00(原則無休)

 

この辺で、坪林さんぽは終了です。老街は短いですが、結構味わいがあります。新しい取り組みをするお店も出てきて、坪林はこれから面白くなりそうですね。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163901j:image

 

最後は、おトイレに立ち寄らせてもらった區公所から。役所の入口にデーンと座っている犬。何ともノンビリした光景でした。


f:id:funstudy-taiwan:20201017163928j:image

 

 

 

【坪林へのアクセス】

MRT新店駅から923番のバスで坪林國小下車

もしくは同駅から緑12番のバスで坪林站下車