彰化の街で昔の台湾に出会う1〜外観がしょぼい?!でも中はすごい廟に遭遇!

こんにちは、のぶもんです。

 

先月はじめに、台湾中部の彰化に日帰りで行ってきました。台湾中部で有名な街と言えば、何と言っても台中。そして、古都として知られる鹿港が挙げられますが、彰化縣最大の都市・彰化も実はかなり魅力的な街です。

 

この旅では、ガイドブックではなかなか紹介されない、そんな彰化の街をのんびり歩いてみました。


f:id:funstudy-taiwan:20200907141805j:image
(有名な肉圓の小吃に飾られている、彰化が舞台の映画「那些年我們一起追的女孩〜あの頃、君を追いかけた」の看板)

 

彰化は、台湾でもかなり早い時期から発展した街。お隣の台中よりもよほど古い歴史を持っています。駅前こそ、普通の地方都市然としていますが、そこかしこに長い歴史を感じさせる建物が残っています。

 

では、彰化の探索をスタートしましょう。

 

駅に近い市街地にひっそりと建つ廟があります。通りかかったときは、失礼なことに「パッとしない外観だな」と思って通り過ぎようとしたくらいです。


f:id:funstudy-taiwan:20200906173218j:image

 

でも中に入ってみると、雰囲気がガラッと変わり、古色蒼然とした別世界に潜り込んだかのよう。


f:id:funstudy-taiwan:20200907142118j:image

 

コンクリートで建てられた最近の廟とは風格が違います。


f:id:funstudy-taiwan:20200906173315j:image

 

こちらの廟は、創建1761年の大変古いもの。ちゃんと縣定古蹟にも指定されています。門をくぐった者にのみ、いにしえの面影を見せてくれるなんて、面白いですよね。

 

彰化は、特にレトロを謳っている街ではないのですが、日本統治時代の建物が案外残っています。

 

こちらは、彰化縣警察局彰化分局。日本で言えば「彰化警察署」ですね。正面の古い部分だけは、1936年に建てられたものなんです。ここも縣定古蹟になっているのが凄いです!


f:id:funstudy-taiwan:20200907141615j:image

 

こちらは彰化市公所(市役所)。正面の建物は、1951年の建築。日本建築ではありませんがすでに約70年の月日が経っています。


f:id:funstudy-taiwan:20200907141645j:image

 

さらに、このちょっと独特の表情を持った建物。こちらは、旧彰化鐵路醫院。日本統治時代はレストラン、戦後は病院として使われた建物です。

 

今は公開されていませんが、修復はかなり進んでいるようなので、将来の公開が楽しみですね。


f:id:funstudy-taiwan:20200907143925j:image

 

最後は、王長發商號。こちらも日本統治時代1927年に建てられた建物をリノベして、豆花や牛肉麺を楽しめる飲食スポットとして蘇りました。

 

残念ながらこの日は定休日だったので、次回の彰化さんぽのときは、真っ先に訪れたいと思います。


f:id:funstudy-taiwan:20200907141716j:image

 

もちろん、事前にリサーチしてこれらの建物を見に行ったのですが、彰化の少しのんびりした雰囲気にマッチして、すぐに馴染んでしまいました。

 

このあとも、彰化ならではのスポットを紹介していきますね。